大阪市からご来院の20代女性。症状は「知らず知らずに歯をかみしめてしまう」


噛みしめ

睡眠中の歯ぎしりのご相談も時々ありますが、起きている時に噛みしめてしまうというご相談を頂くことも時々あります。

確かモシェ・フェルデンクライス博士が書籍の中で顎の筋の緊張について言及していた記憶があります。その内容は「リラックス」と「顎の位置」の関係についてです。モシェはリラックスという事柄に関して面白い言葉を残しています

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は feldenkrais.jpg です



リラックスなんてものは道端に落ちている牛糞と同じ
モシェ・フェルデンクライス








もうなんかすごい攻めた名言ですね(笑)。これはどういった意味なのでしょう?その意味の一部を少しだけ記載します。


リラックス

一般的にこういった健康業界では「リラックスする」「緊張を取り除く」「筋緊張のリリース」といった事が注目されます。ですが人の身体というものは、ただリラックスすればうまくいくというものではありません。例えば顎の筋肉がリラックスして緩むとどうなるでしょうか?

このようにだらっと口が開きっぱなしになってしまします。ということは顎の筋肉は緊張していなければいけません。要は「噛みしめるほど緊張はしないが口が開くほど緩みもしない」そんなバランスを普段は神経系が保ち続けていなければ丁度良い状態にはならないということです。

このように緊張とリラックスのバランスが大事です。全身が全てリラックスしていては、道端の牛糞のようにベチャっと道に倒れていなければいけません。立っているだけでも、どこかには必要なだけの筋緊張が必要であり、その緊張とリラックスのバランスが全身に連動しなければ、まともに歩くこともできません。
とても複雑な事が自動的に、無意識領域で神経系が行っているんですね。


施術

実際の施術では

  • エネルギーバランス
  • からだ全体の中心軸の乱れ
  • 自律神経の乱れアトラス(第1頸椎)

等を整えました。顎の筋筋膜などに直接アプローチすることは必要ありませんでした。丁度良い緊張バランスにするのは無意識領域の神経系です。ですが何かがその神経系の働きを邪魔しているのです。

クライアントにお聞きすると、施術中の中盤ごろに噛みしめが「フッ」と緩み、歯と歯に隙間が開くようになったとおっしゃっていました。

様々な分野を整えている最中に、すでに顎の過緊張は取れて、丁度良い緊張バランスを保つようになっていたようです。それでも他に目立つものがあれば整えたほうが良いですね。というのも顎の緊張バランスの崩れは結果であり、原因は他の様々な不調の積み重なりであることが多いですから。




この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_143711-2-150x150.jpg です

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。
東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています