なかなか治らない症状、原因不明の症状専門

フェルデンクライスメソッド

  • HOME »
  • フェルデンクライスメソッド

当院ではフェルデンクライス・メソッドのグループレッスンと個人施術を行っています。

これはあまり知られていないメソッドですが、とても価値のあるものです。しっかりとレッスンに取り組めば、自分自身の可能性を広げる大きな手助けになるでしょう。

モシェ・フェルデンクライス

    feldenkrais

フェルデンクライスとは人の名前です。

モシェ・フェルデンクライス( Moshe Feldenkrais 1904 -1984 )は物理学博士であり外国人初の柔道黒帯保持者でした。
フェルデンクライスは趣味のサッカーを行っている最中に膝の大怪我をし、医師に手術を勧められました。ですが彼は試行錯誤の末に自分自身で膝を回復させ、手術せずに再び歩けるようになりました。彼の科学者としての知識と他の様々な分野への深い興味を総動員し、歩くことを自身に再教育したのです。この回復の過程で、モシェは膝が良くなる良くならないという範疇を超えた様々な発見をすることになります。その発見からメソッドは生まれ、その後は生涯メソッドの研究と実践へと舵を切りました。そうして世界中で評価され実践されたものがフェルデンクライスメソッド(フェルデンクライスの行った方法)と呼ばれました。

フェルデンクライス・メソッド(グループレッスン)

このメソッドは環境の中における自己の機能的な気づきを発展させる学習のシステムです。

mfeldenkrais_teach2 (1)

多くのレッスンでは床に横たわり、様々な動作を行います。その動きは楽で、心地よく、楽しく感じる程度の簡単な動きです

レッスンは身体の動きを使うので、肉体的な機能の開発に役立つちょっと珍しい体操のようにも見えるものです。多くの場合、バランスが向上し、動きが良くなり、痛みが軽減され、肉体的に楽になります

ですがこのメソッドは肉体機能の向上だけを目指しているものではありません。このメソッドを特徴づけるものは肉体機能の向上に関するものだけではなく、運動・思考・感情・感覚という人の行動に関わる全ての領域への影響です

モシェ・フェルデンクライスは「運動・感覚・感情・思考」は相互に密接に関連していると言います。

それは身体の運動を利用すれば「感覚・感情・思考」へ働きかけを行えるということであり、また「感覚・感情・思考」の影響が運動と言う形であらわになるということでもあります。

このメソッドは正確に把握しづらい「感覚・感情・思考」というものに関して、把握しやすい「身体運動」を通して新たな気づきを得ることを助けます。

フェルデンクライスメソッドのレッスン中は、より楽に、より気持ちよく、より効率的に動きを行うように目指し、とてもシンプルな動きを行うのですが、動きを行っていると動きを妨げるものに出くわします。

動きを妨げるものとは一体何でしょう?それは習慣(癖)です。動作の癖、感覚の癖、感情の癖、思考の癖など。このレッスンでは様々な癖に気づき、たった今自分が何をしているかを知る手助けを得ることが出来るでしょう

あなたがしていることを知れば、あなたは望むことができる

モシェ・フェルデンクライス

自分がしていることに気づき、癖に囚われない動きを行う中で、新たな動作、新たな感覚、新たな感情、新たな思考の選択肢が生まれます。それは環境と自己との機能的な関係を変化させ、社会生活での「行動」の選択肢を広げることに繋がります。

これは治療効果がありますか?

当院で行うフェルデンクライスメソッドは治療ではありません。クライアントがレッスン前よりも調子が良くなって帰れるかどうかということには焦点を当てていないのです。レッスンにより不調になっても、そこに学びがあればレッスンは順調に進んでいると言えます。表面的治癒ではなく、気づき・学びを重視しているからです。
では治療効果がないのかと言えば、そういうことではありません。むしろその治療的効果は絶大です。本質的な治癒への扉は、気づき・学びによって開かれます。
無意識的(習慣的)な機能に気づきという光を当てることが、心身に新たな選択肢を与えます。このメソッドは、不調を維持し続ける日々に新たな道を生み出す強力な手助けとなるのです。

220px-Moshe_Feldenkrais_Demonstrates_Functional_Integration1

フェルデンのプラクティショナーってどんな人

フェルデンクライスメソッドのプラクティショナーになるには、International Feldenkrais Federationの指導者養成プログラムを4年間かけて卒業します(160日×5時間)。講座と講座の間の期間は自主学習に当てられます。指導者養成プログラムは座学だけではなく、ATMレッスン(Awareness through Movement)やFI(Functional Integration)に多くの時間を割き、体験で学ぶ機会を得られます。そして資格取得後にも各自が個人でメソッドの理解を深めていく能力を身に付け卒業します。ですので、フェルデンクライスメソッドのプラクティショナーは「実践者であり学び続ける人」のはずです。

私がトレーニングコースで学んだ恩師

  • フランクワイルドマン(博士)
  • ステファンローゼンホルツ(博士)
  • ステファニースピンク(元PT)
  • ルーティバー(運動療法)
  • ペトラコッシュ(PT)

DSC_08402


赤ちゃんの学び方にも似たレッスン

赤ちゃんは誰に教えられることもなく、ひとりでに立ち上がり歩き出すようになります。闇雲に動いているように見えますが非言語的学習を重ね、いつの間にか立つ・歩くといった事へたどり着きます。
フェルデンクライスメソッドは、赤ちゃんが自然に行っている、この天才的とも言える学び方を模倣しています。

木曜フェルデン(グループレッスン)

参加者ただいま募集中!初めての方にもオススメ!

日時など詳細は「講座・ワークショップ」のページに掲載中

講師:坂東俊介 フェルデンクライスメソッドプラクティショナー
持ち物:うつぶせ時顔の下に敷くもの(タオルなど)。動きやすい服装で来ていただくか、着替えをご用意ください
対象:アスリートからお年寄りまでどなたでも
お申し込み:要予約 お電話かメール

※希望日時をお気軽にメールなどでご連絡いただけましたら、日時設定の参考にさせて頂きます。

3人集まれば定期レッスン日ではない日時でも(当院での)グループレッスンを承りますので、お声かけください。沢山の方が集まる場合は当院以外での出張グループレッスンも承ります。

個人レッスン「施術」のコースでご予約いただき「フェルデンクライスの個人レッスンをしてほしい」とお伝えいただければFI(ファンクショナルインテグレーション)と言われる個人施術をいたします。


フェルデンクライスメソッド未経験の方へ

このメソッドに興味を持たれ、いくつかのサイトでフェルデンクライスについての解説を読まれた方の多くが「よくわからない」という感想を持つようです。
そもそもこのメソッドは言葉では伝えられない、体験を通してしか学べないものを学ぶもの。だから体験してなんぼです。少しでも興味をもたれた方は、気軽にグループレッスンでも受けてみることをオススメします。

グループレッスンに来られている方の経緯は様々です。忙しい日常の中で自分と向き合う時間を作りに来られる方、心理的・肉体的な不調の改善のため、スポーツや仕事のスキルの向上のため、老後や妊娠に備えて、などなど数え上げれば切りがない程、参加されている方々の目的は様々で、その背景も様々です。当院のグループレッスンは、そのような方々が集まり同じ1つのレッスンを行っています。木曜フェルデンでは毎週木曜日に淡々と、からだを使ったレッスンを続けています。

レッスン参加お申し込みは、お電話かメール

フェルデン関連のブログ記事もたくさん書いていますので、宜しければご覧ください→フェルデンブログ

合同企画しませんか?

フェルデンクライスメソッドとコラボ企画など、ご提案がありましたらお気軽にご連絡ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログ(月別)

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 自然療法院 そまと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.