なかなか治らない症状、原因不明の症状専門

施術法

体・心・エネルギー領域へのアプローチ法

1.オステオパシー

1874年に米国の医学博士アンドリュー・テイラー・スティルによって創始された医療体系。アメリカでは西洋医学の医師(M.D)と並び「診断、手術、投薬」等の全ての医療行為を認められた医師資格(O.D=ドクター・オブ・オステオパシー)です。

オステオパシーは手技療法ですが、筋骨格だけを扱う整骨医学ではありません。オステオパシーの哲学は全体論的な考え方に基づいています

  • 全身の運動器系
  • リンパや血液などの循環器系
  • 呼吸器系
  • 神経系

など様々なシステムが同時に共同作業を行っており、何らかの理由でそのバランスが崩れて病として現れると考えます。施術では研ぎ澄まされた微細な感覚と医学的知識を動員した「手」による調整を行います。

オステオパシーの技法の一部

  • 筋・筋膜リリース・・・拘縮した筋筋膜を解放する
  • ジョーンズテクニック・・・一定の姿勢を数分保持することで持続的筋緊張を開放する
  • マッスルエネルギーテクニック・・・クライアントの力を使って筋筋膜の解放や可動域の改善を行う
  • クラニオセイクラルワーク・・・頭蓋縫合や硬膜や脊柱全体の動き・働きを見て、脳脊髄液など液の流れを整える。



2.フィシオエナジェティック

オステオパシー医師であり、ウィーンのオステパシー専門学校の校長であるラファエル・ヴァン・アッシェ を筆頭に、数人の医師やカイロプラクターや鍼灸師や様々な研究者と共同開発した技術です。

ラファエル・ヴァン・アッシェと私


フィシオエナジェティックはヨーロッパの波動医学とアメリカの筋反射テクニックを融合させた検査法であり治療法です。

AR検査という「刺激を与えた後の全身の筋緊張の変化」を見るテストを行い、無意識領域の様々な事柄を検査します。

刺激を与えた後、手の上がりやすさに左右差が出ています


身体の反応を引き出せば「良くなるために今、何が必要か」を身体が教えてくれます。その反応で検査できる項目は筋骨格系のほか、生体化学(栄養、免疫、感染など)や心理(ストレス、トラウマなど)や情報系(電磁波や経絡や神経系など)など多岐に渡ります。そして検査だけではなく、治療法も様々なものを取り入れることが可能になりました。それは古今東西の自然療法です。

ハーブ療法、耳介療法、フラワーエッセンス、経絡、神経血管反射、最新の心理療法、その他さまざま。

このような波動検査アンプルを使用して、体内の状態を調べることもあります



1000を超える検査アンプル


それにより人を取り囲む様々な要因からアプローチができるユニークな施術が可能となりました。 結果、今まで改善が困難と思われてきた症状にもとても有効度の高い施術が可能になりました。



3.フェルデンクライス・メソッド

物理学博士であるモシェ・フェルデンクライス( Moshe Feldenkrais 1904 -1984 ) が開発した身体教育。施術で行うFIと言われる個人レッスンの他に、ATMと言われるグループレッスンも当院で定期的に行っています。

「動き」を通して様々な「気づき」を得るためのメソッドです。詳しくは→フェルデンクライス・メソッド

フランクワイルドマン博士



4.その他さまざまな療法

当院の3本柱は上記の「ステオパシー」「フィシオエナジェティック」「フェルデンクライス・メソッド」ですが、他にも様々な施術法を専門的に取り扱っています。

1.栄養療法

最新の栄養療法に基づいたご提案。ビタミンやミネラルの過不足から、カンジダ真菌、リーキーガット症候群、有害化学物質や有害重金属の解毒、メチレーションなど取り扱います。

自然療法の内科医マーゴットの生体化学の講義にて



2.伝統的植物療法

ハーブなど植物の持つ力を利用した伝統的植物療法。栄養だけでは計れない力が植物にはあると信じています。

植物療法医のボビーの講義にて

3.心理療法FAP

1999年大嶋(現株式会社インサイト・カウンセリング代表)らにより発見され、2001年に治療体系が出来上がったまだ新しい心理療法。トラウマなど心の傷の回復に。


4.フラワーエッセンス(バッチフラワーレメディ)

今から約80年前に、細菌学者でホメオパシー医でもあるエドワードバッチ博士によって体系化さた「飲む心理療法」。詳しくは→フラワーエッセンス

5.その他

他にもヒーリング経絡療法筋反射テクニックほか様々な技法を使用します。ここには記載しませんでしたが、施術中にとても重要視して多くの時間を割いているエネルギーワークもあります。しかしなぜこのような沢山の方法が必要なのでしょうか?それは何よりも「適切なタイミングで適切な領域(体・心・エネルギー)にアプローチする」ことが最も高い効果が得られることが分かったからです。症状は一つしかなくても、その症状をを作り出して維持している原因は多領域に同時に存在します。そして一挙に多領域の原因にアプローチすることで、とても良い結果が得られるのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログ(月別)

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 自然療法院 そまと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.