病院で坐骨神経痛と診断された方はとても多いと思います。 原因はヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、梨状筋症候群など様々。画像診断で軟骨がへしゃげていたり、神経を圧迫していたりしているのをレントゲンなどで見せて貰った方も多いと思います。痛々しいレントゲン画像を見ると

「こんな風に痛んでしまってはもう手遅れ、あとはこれ以上悪くならないようにするだけ」

そう思われるかもしれません。確かにへしゃげた椎間板や剥離した骨組織などはもう以前のようにはならないかもしれませんが、

生活の質に関しては実は多くの場合向上することが出来ます。

具体的に言うと、痛みがなくなったり軽減されたり、動きが良くなることが可能です。




坐骨神経痛の本当の原因

レントゲン画像で痛んだ組織を見ると、その組織が神経を刺激しているのが痛みの原因の全てであり、もう痛みが減ることはないと思いがちですが意外とそうではありません。たとえ痛んだ組織が神経を圧迫しているとしても、様々な方法でその圧迫を軽減することが可能です。そして多くの場合神経系が必要以上に過敏になっています。神経系の過敏さに変化を与えることで殆ど痛みがなくなったり、全く痛みがなくなることもしばしばです。それに坐骨神経痛の本当の原因は思いもよらないところにある場合が多々あります。そのいくつかをご紹介いたします。

1.ウイルス

かなり意外なところだと思いますが、ウイルスの影響で神経痛が出ている例は多々あります。日々私たちは風邪をひいたり、インフルエンザに罹ったりして熱などの症状を体験します。そして症状が治まればウイルスはいなくなったのかというと実はそうとも限りません。症状が治まった後もウイルスが身体に居座ることがあるのです。他にも不顕性感染といってウイルスに感染していても症状が出ないパターンもあります。そういった症状という形では現れない、身体の中にひそかに居座っているウイルスはどこにいるのでしょう?その多くは神経細胞に居座っているのです。そしてそのウイルスが痛みの原因になることがあるのです。



2.筋筋膜性疼痛

病院の撮影で写るのは骨や椎間板や神経であり、痛みの原因も骨や椎間板の問題から神経を刺激していると診るのが殆どです。そして筋筋膜は病院の撮影機器には写りません。ほとんどの場合、筋筋膜は診断の対象ではないのです。ですが筋筋膜の微細な損傷から痛みが引き起こされるという考え方があります。その考えに従えば、痛みの原因は骨や椎間板の変性による神経の圧迫ではなく、その周囲の筋筋膜の問題であるということです。

筋筋膜の問題なら、比較的簡単に変化するのは想像に難くないと思います

その一例として下の図を見てみてください。

赤い色の部分が痛みの出ている箇所です。坐骨神経痛で痛みが出る場所と酷似しています。そしてこの痛みが出る原因は「××」と書いてある部分の筋筋膜の微細な損傷にあるということです。痛みが出ている個所(赤色の部分)と原因の場所(××の部分)は同じ場所ではありません。筋筋膜性疼痛はこのように原因箇所と痛みが全く別のところにあることが多々あります。


3.姿勢の問題

先ほどの「筋筋膜の損傷」は、その損傷した筋筋膜だけを狙って損傷を回復させる手技が可能です。ですがそもそもなぜ筋筋膜が損傷したのかを考えると、その大きな原因の1つが「姿勢」にあります。

それに骨や椎間板の損傷が進む原因の最も大きなものも「姿勢」です。

例えばこのような姿勢の方がおられたとします。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は peivis2-300x283-2.jpg です

この方の左ひざを拡大すると

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image_123923953-3-1-933x1024.jpg です

このように「くの字」に歪んでいます。そうすると赤色の点に体重が集中します。このような事が腰椎に起きていると椎間板や骨の回復を妨げます。


関節だけではなく筋肉・筋膜も同様です。ある一部の筋肉に負担をかけ、ある一部の筋肉はあまり働いていないとなると、負担がかかっている筋肉はいずれ悲鳴(損傷)をあげます。 それが「2.筋筋膜性疼痛」の原因の1つです。

姿勢の改善については👇に詳しく記載しています。クリックして読んでみてください

姿勢の改善



どうやって改善していくの?

「体・心・エネルギー」この全ての領域を検査し改善をはかります。

というのも例えばウイルスが原因の場合も、ウイルスが居座りやすいような体の状態を改善させる事が大切だからです。当院の方針は

「自然治癒力を妨げているものを排除し、自然治癒力が隅々までしっかり働く体にしていく」

です。病院の薬は強力で、様々な症状をとりあえず消すにはものすごい力を発揮します。ですが多くの場合、一時的に症状を消しただけで根本的に治癒させる方向に向かっていないものが殆どではないでしょうか?当院で行うように「体・心・エネルギー」の全てのバランスを整え自然治癒力を向上することで、 結果的には早く大きな改善が見込めるのです。


当院の施術の強み

1.深い領域にアプローチできる

当院で行う「オステオパシー」「フィシオエナジェティック」「フェルデンクライスメソッド」の3本柱を元にしたホリスティック療法が強みを発揮します。 この3つを同時に行っているのは日本では当院だけです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は oste-1.jpg です

(神経・内臓・栄養)、(ストレス、トラウマ)、エネルギー」これら座骨神経痛に関連するすべての領域の問題点をあぶり出し、根本から解決していく強力なお手伝いが出来ます。


2.宿題が効果的

施術をするなかで見つかった「その方に必要な宿題」を出します。 例えばウイルスなど生体化学の問題は波動アンプルを使って詳細に検査して今なにが起きていて何が必要なのかを調べていきます。

必要なハーブやレメディを選別します。

姿勢や動きの改善が必要な場合は動きの宿題や日常気を付けることなど課題が出されます

毎週木曜日に開催しているフェルデンクライスメソッドの グループレッスンに参加されるのもお勧めです。姿勢に関して深く変容する手助けになります。

フェルデンクライス・メソッドのグループレッスン



3.痛みのないやさしい施術

当院で行う施術は痛みのない繊細な施術法です。無理やり圧したり引っ張ったり、ボキッとやったりはしません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1N1A9043-300x200.jpg です



4.施術のクオリティーの高さ

毎年毎月セミナーに参加し続け、学び続けています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は thumbnail_IMG_0812-165x300.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_08402.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 14731165_663459923820807_2182541151323432419_n-150x150.jpg です



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image1-150x150.jpg です

高いクオリティーで施術を提供するため毎日一生懸命取り組んでいます。



自然療法で1ランク2ランク上の健康を目指しましょう!


他の腰部の不調についての記事はこちら👇

重いものを持ってグキ!

腰部椎間板ヘルニアは改善します

腰部脊柱管狭窄症

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています