昨日のフェルデンクライスメソッド・グループレッスンのお題は「お尻」でした。今、十数回にわたって「歩き」をテーマにレッスンを行っているのですが、「歩き」のなかでお尻を普段どのように使っているか、お尻の使い方で様々な事柄に変化が起きることの気づきが得られたと思います。



お年寄りになると、真っ先になくなって行くのが脚やお尻の筋肉です。お尻の筋肉が少なくなって、お尻がぺったんこなお年寄りをよく見かけると思います。お尻の筋肉が少なくなるということは、お尻の筋肉をあまり使わずに生活しているということでしょう。レッスンをはじめた時は「お尻に力が入らない」という声がチラホラ聞こえましたが、レッスン後にはお尻の使い方が良くわかるようになり、お尻の筋肉を使って歩いてみたり、お尻の筋肉を使わずに歩いたりと、色々器用にできる方もおられました。試しにお尻の筋肉を使わずに歩いてみるとお年寄りの様な歩き方になっていたのがとても印象的でした。

プリっと良い形のお尻を作るには、しっかりとお尻の筋肉を使った生活が不可欠ですね。


当院では様々な不調の改善の為の施術以外に、週に何回かフェルデンクライスメソッドのグループレッスンを行っています。明日のフェルデンクライスメソッド・グループレッスンは

  • 朝10時~「椅子に座って骨盤と胸郭の関係を探る」
  • 夜20時~「背骨を感じる」

大体このような内容を予定しています。ご興味のある方はお気軽にご予約ください。




👇関連記事👇

フェルデンクライス・メソッド

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_143711-2-150x150.jpg です


「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。
東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています