「化学物質過敏症」テレビでも時々取り上げられ名前はよく耳にするものですが、いったいどんな症状なのでしょう?少しばかり勉強してみました。

化学物質過敏症とは?

化学物質過敏症とは大量の化学物質に接触した後、再度その化学物質に接触したときに、その化学物質がごく微量でも健康被害が引き起こされるものです。初期は1種類の化学物質に過敏に反応していても、後に複数の種類の化学物質に過敏反応を起こすようになることもあります。

その化学物質とは

  • 本に使われるインク
  • 服の素材
  • ゴム
  • ビニール
  • 農薬
  • 防虫剤
  • 洗剤
  • ホルムアルデヒド
  • 香料
  • プラスチック
  • 車の排気ガス
  • タバコ

などなど。日常生活で普通に接している物が並びます。

 

化学物質過敏症の症状は?

軽い症状の場合は花粉症や風邪、更年期障害などと区別がつきにくいこともあるようです。脳の働きに影響し、鬱症状があらわれることもあるようですが、その場合はウツ薬を飲んでも根本的な解決にはつながりません。

化学物質過敏症の症状は

  • めまい
  • 発汗異常
  • 疲れ
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 鬱症状
  • 不眠症
  • 下痢、便秘
  • 頭痛、腹痛
  • 目や鼻の刺激感
  • リンパ節腫脹
  • 生理不順、PMS

などなど

 

化学物質過敏症は病気として認められてるの?

2009年に厚生省によって病名登録され、病院で保険が利くようになりました。

 

当院では

最近、病院で化学物質過敏症と診断された方が来院されました。

その方は数年前まで重度の化学物質過敏症であったとのことでした。ですので当院に置いてある物から発せられる化学物質に反応するのではないか?と心配したのですが、「ここの院は大丈夫!」と言っていただけましたし、施術終了時間まで化学物質過敏症の症状が出ることもなく、施術も順調に進みました。

なぜ化学物質過敏症の方が当院では大丈夫だったのでしょうか?

少し考えてみると、そういえば私自身が当たり前のように化学物質を極力避けた生活をしていることを思い出しました。

 

普段の生活で・・・

私の院や住む家の話になるのですが、パッと思いつくだけでも色々な化学物質対策をしている事に気づきました。例をあげますと

  • 家具の多くは木で作った手作り品で、塗装も全くせずに蜜蝋オイルで仕上げています。
  • カーテンは麻100%。
  • 部屋は空気中に漂うホルムアルデヒド濃度などを検査してホルムアルデヒドを多く発している家具などは処分しました。
  • 自分自身や家族が着る服も極力天然素材のみにしています。
  • 防虫剤も使いません
  • 床や壁の掃除などにも洗剤は使いません。
  • お風呂に入ってもシャンプーや石鹸などを全く使わずに洗体しています。
  • お風呂の水も塩素を除去し、水の中だけではなく風呂場に塩素の空気が充満しないようにもしています。
  • 食品を購入する時もできるだけオーガニックで添加物の少ないものを選び(私はしょっちゅう外食しているのでかなりゆるいです)
  • 食品の入れ物もプラスチック製品を避けてガラスに入れ替えています。
  • 新しく購入したものなどは水拭きなどしてから数日ベランダに置いて化学物質を揮発させ、院を出る時などは必ず部屋を換気しています。

などなど。

 

移転先でも

私自身も私の家族も化学物質過敏症ではなく、「健康のため」という認識で当たり前の感覚で行っていたことなので特に「化学物質を出来るだけ避けている」という認識すらなくなっていました。ですが知らず知らずのうちに私の院は「化学物質少な目」な院になっていたのかもしれません。

当院は約1か月後にすぐ近くの場所に移転する予定です。不動産屋での説明で「清掃・防虫の施工を行ってからの引き渡し」と説明を受けましたがもちろん(笑)、清掃と防虫はお断りいたしました。

 

新しい院では更に意識的に化学物質について考えながら院づくりをしてみようと思っています。

 

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの自然療法院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

オステオパシー、フィシオエナジェティック、フェルデンクライスメソッドを主軸とした施術です。

 

この記事を読まれた方はこちらも読まれています