グラウディングとは「今にあること、地に足をつけること、現実世界をしっかりと生きること」このような意味で使われている言葉です。

ですので反対にグラウディングがしっかりしていない状態というのは「心ここにあらず」という状態だということです。

心ここにあらずという状態だと

  • 目の前の課題をこなせない(掃除ができないなど)
  • 心が安定しない
  • 妄想
  • 自分に自信がない
  • 思考が支離滅裂
  • 過去にこだわる

などなど色々なことが起こりえます。

ではどうすればグラウディングが強化されるのでしょうか?


グラウディングの強化

当院で施術を受けた直後「今どんな感じですか?」とお聞きすると、ほとんどの方から

  • しっかり立っている
  • 体がとても安定している
  • 気持ちがとても静かで
  • すっきりしている

このような感想を耳にします。これはまさにグラウディングがしっかりしている状態、もしくはグラウディングがしっかりするための土台が出来上がっている状態です。
このようにしてグラウディングが強化されることで複雑に絡み合った様々な事柄が解決されていく力が増大します。



そのような状態になるためにはグラウディングを邪魔しているものを取り除く必要があります。その邪魔しているものとは何でしょうか?


グラウディングを邪魔するもの・強化するもの

グラウディングを邪魔するものを一つ、例を挙げるとすればその一つは「心の雑音」です。

グラウディングができている状態というのは「今ここ」にある時です。そして心に雑音があるときの多くは「今ここ」の状態にはありません。

妄想や不安や怒りなどが頭に浮かんでいるとき、例えば不安などの心理ストレスを感じているときの多くは物事を「過去・未来と結び付けて考えている」状態にあります。意識が過去や未来に行っており、今ここにないのです。

私たちの心には次々と雑念が浮かび上がり、簡単に「今ここ」の状態から離れていきます。

でも反対に、「今ここ」の状態を強化する方法があります。それは「身体感覚を感じること」です。


身体感覚を感じる

座っているときに「お尻のどこに一番圧力がかかっているか」ということを感じると、意識は「今ここ」に行きます。一歩一歩あるくたびに「右足が地面についた。右足が地面から離れた。左足が地面についた。」と感じてみると意識はどこにあるでしょう。まさに「今ここ」の体の感覚に意識が向いているわけです。

そんなことなら簡単にできそうですね。まあ簡単といえば簡単ですが、難しいといえば難しいとも言えます。

というのは話が元に戻りますが「心の雑音」がそれを邪魔するのです。

理屈は簡単ですが実行は難しい。心の雑音が全くなく1つのことに意識を向け続けることが簡単ではないことは、禅僧を思い浮かべてもらえばよいと思います。

ではどのようにして心の雑音が静まり、グラウディングを高めることができるのでしょうか?


体を整える

当院では「体・心・エネルギー領域」の全てを対象にして施術を行います。

グラウディングを邪魔するものは「体・心・エネルギー領域」の全てにあります。

まずは「体」について。

体を整えるとしっかりと大地に立っている感覚が高まります。心の雑音が静まり、グラウディングが強化されます。

では体の何を整えるのでしょう?

生体化学分野

例えばアルコールでヘベレケになっている人はグラウディングがしっかりしているでしょうか?

難しいと思います。

このように体の中で起きている生体化学的反応によって私たちの神経系は常に影響を受け、グラウディングが阻害されることがあります。

アルコール以外にも例を挙げれば

  • 栄養摂取のバランス不全や体質によって体内で興奮毒素である「グルタミン酸」が過剰になっている。
  • カンジダ真菌などの感染によって毒素がばらまかれている
  • PMSや更年期などでホルモンバランスが崩れている

などなど例を挙げればきりがありません。グラウディングがしっかりし、「今ここ」にあるには、内分泌系などのバランスも影響するということです。


神経系・身体地図


体の身体地図を整え神経系の働きを整えると、体が安定し、心にまで影響が出ます。

当院では初診時にまず神経系の働きを診ることが多く、特にバランスの悪いところがあれば真っ先に整えておきます。これだけで長年の問題がすっかり良くなってしまうケースも多々あります。


毎週木曜日に行っているフェルデンクライスメソッドのグループレッスンもこういった事柄にとても役に立ちます。




心を整える

心の雑音を減らし、グラウディングを高めるためには「心理ストレス、トラウマ」などを解消することも役に立ちます。

心の雑音。それは様々複雑に入り組んだ心理ストレスやトラウマが大きな影響を与えているかもしれません。

心の問題は複雑です。そして心の問題は無意識領域の問題です。複雑に絡み合った無意識領域の問題を取り扱うときに、意識領域でああだこうだとやってみてもなかなかうまくいかないことが多々あります。

無意識領域の問題を改善していくには、無意識の力を借りることが功を奏します。無意識領域で何が起きているのかを探り出す方法や無意識領域に影響を与える方法を使うのです。

ここでは詳しく話はしませんが(いずれブログに詳しく書こうと思います)、イメージを使ったり、眼球運動をしたり、体に現れる反応を読み取ったりする方法があります。

これがかなり強力で、改善をバックアップします。


このようにして不要に心をざわつかせているものを減らしていくことがグラウディングを高めることに役立ちます。



エネルギー領域を整える

これに関しては細かい説明を省きます。施術を受けて実感してみることが大事です。



当院での施術例

30代女性。

今様々なプレッシャーが同時に覆いかぶさって大変な時期。自分を保つことが困難になっている。何が何だか分からなくなってきている。限界を感じている。

このような方にグラウディングを整える施術を数か月定期的に行いました。神経系や筋骨格系アライメントなど体に対するアプローチが主でした。

数か月後・・・

この数か月間、体を整えることでずいぶん助けられ乗り越えられました。いまは大変な状況でも前の自分とは違い自分がしっかりとしています。


9歳

カンシャク持ち。極端に落ち着きがない。姿勢が悪く、動きがぎこちない。

数か月施術すると見違えるように変化しました。以前は魂が体の中に居ることが居心地悪そうな、そんな感じで常に偏った姿勢で落ち着きなく動いていました。ですがあまり何度も施術をするまでもなくどんどん変化し、姿勢が整いどっしり落ち着いた雰囲気が出るようになりました。カンシャク持ちも随分よくなったとのことです。



終わりに

グラウディングは現実世界で生きていくうえで基本中の基本です。体を整えて、心を整えて、エネルギーを整えて、現実世界をしっかりと生き抜く土台を整えましょう。





「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています