天理市からご来院いただいた40代女性。症状は

「月に何度も無性にイライラしてしょうがない日がある。そのイライラがちょっとしたものではなくかなりひどい」

でした。調べたところ、筋骨格のバランスやエネルギーワークも必要でしたが、栄養素としてはマグネシウムが不足していました。






かなり多いマグネシウム不足

先日のブログ「牛乳は悪い食品?」でも少しマグネシウム不足について触れましたが、当院でのAR検査でマグネシウム不足の反応が出る方はとても多いです。不調を訴える多くの方にマグネシウム不足があるということは、多くの症状にマグネシウム不足が関連している可能性が高いということです。

マグネシウムの多い食事

アメリカのデータでは食事で摂取できているマグネシウムの量は、理想的な量の半分程度しかないそうです。

  • 精製されていない穀類(玄米、蕎麦など)
  • 野菜
  • 豆類(大豆、アーモンドなど)
  • 魚介類(サバなど)

に多く含まれます。


体・心・エネルギーバランス

この方は他にも身体バランスの崩れがありました。感覚的な話になってしましますが、からだのバランスが崩れると心身の静寂が保てなくなってきます。心のストレス、身体のストレスを天に、そして大地にスムーズに流すには身体バランスが整っていることがとても重要です。内的に発生した心身のストレスが溜まっていくのです。

当院では体・心・エネルギーなど全ての領域をバランスする事で、より深い領域からの改善を目指しています。



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_143711-2-150x150.jpg です

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。
東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています