便秘解消の施術記録です

どんな方?

30代中頃の女性

主訴

10代中頃から数日に一回しか便が出ない状態が今までずっと続いている。

施術

便秘治療の場合、どんな施術をすると思いますか?おなかを色々さわって内臓マニュピレーション?骨盤とか骨格を整える?

いろいろと方法はあるでしょうが、今回のブログは数回の施術すべてクレニオワークだけで施術を行った時の事です。

私の言うクレニオワークとはオステオパシーの手技で、触れるか触れないかぐらいの軽いタッチで行うワークです。外から見ていて何をしているかわかるようなものではありません。例えば10分施術しても、足先1か所にじっと10分間触れているだけだったりします。

 

??そんなんで効くわけないんじゃない??

そう思われて当然と思います。一般的な感覚でしたらとても胡散臭く感じるかもしれません。

でも人の身体に実際に変化をもたらす方法ってたくさんあるんです。必ずしも圧したり、引っ張ったりする必要もありません。

例えばフェルデンクライス博士が発見した方法でしたら、触れる必要すらなく、イメージによる知覚の刺激で体が変化することを体験できます。

そしてクレニオワークは殆ど触れているだけにしか感じないワークなので、胡散臭いというかなんというか。わかりにくい手技だとは思いますが、もちろんとっても効果があるので採用している手技です。じっとしているだけのようですが、私が行うどの手技よりも難しいことをやっているんです。

そんなクレニオワークだけを、1か月の間に7回ぐらい施術を行いました。

で、その後どうなったと思いますか?

1か月の施術期間の後半からすでに毎日便通があり、それから数か月毎日快便。2か月後に1度便秘がぶり返しましたが、その数日後に施術をしてまた毎日快便に。その後は数年経った今までずっと毎日快便が続いているようです。

 

こんなに短期間にクレニオワークを何回もすることは稀ですし、本来当店ではクレニオワークだけではなく様々なワークを織り交ぜて施術するのでとても珍しい臨床例です。この方は日常でちょくちょく顔をあわせる方なので、とっても長いスパンでの経過観察もさせてもらいました。20年ずっと続いていた状態が1か月弱で変わってしまい、その後もちゃんと変化が継続している・・・。オステオパシーってすごいなーって思います。

 

この方への施術はクレニオワークばかり行った例外的なものですが、他にも色々と興味深い臨床例がありますので追々ブログにアップしていきますね。

 

腸内の問題に対する施術などの記事👇

腸内細菌

リーキーガットシンドローム

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

 

この記事を読まれた方はこちらも読まれています