更年期障害と言っても症状は人それぞれ。様々な要因が絡み合ってとても重い症状になる方もおられます。

開業当初なので15年程前の話ですが、開業当初は今のようなホリスティック療法ではなく整体で筋骨格系の手技をメインにしていました。その頃に重い更年期障害で苦しんでいつもフラフラになっているクライアントが来院され「検査入院とか色々したけど、何をやっても毎日が寝込むほどしんどい。整体を受ければその時だけほんの少しは楽になる」と時々整体を受けに来られていました。いつも顔色が青白く、歩行もフラフラしながらかなりゆっくりでしか歩けないような状態でした。その方がある時、長く続くあまりにも苦しい毎日に耐え兼ね「更年期になってからというもの、毎日があまりにも苦しすぎる!生きているのが苦しすぎる!どうにかならないものですか!助けてください!」と絞り出すような声で訴えたことがあります。その頃の私は更年期障害に対してこれといった治療法をもたず、なすすべがありませんでした。今でも更年期障害で不調を訴えるクライアントが来院されるたびに、15年前のあの場面が脳裏に浮かびます。

でも今は改善のお手伝いができます。

今では更年期障害で不調を訴える方の多くが、当院の施術で改善されるようになりました。

「生き返ったようです」

「元の自分に戻った」

「しんどくなくなった。」

このような声を沢山耳にします。

 

更年期障害の症状

更年期障害の症状は人それぞれ。

運動器系

コリ、関節痛

消化器系

便秘、下痢、腹部膨満感、食欲不振、吐き気

精神・神経系

のぼせ、冷え、動悸、息切れ、頭痛、めまい、うつ、不眠、不安

泌尿器

頻尿、残尿感、失禁

その他

ドライマウス、ドライアイ、湿疹、集中力の低下

 

更年期障害の原因は何?

加齢により卵巣からエストロゲンの分泌が減少し以下のような経緯をたどり、過剰なホルモンの分泌が起こります。その過剰なホルモンが様々な症状の原因の1つとなります。

他にもエストロゲンを分泌するためのホルモンを視床下部は必死に出し続けることで、他の仕事がおろそかになります。例えばストレスを緩和し幸せな気分を生み出すオキシトシンの分泌が低下したりします。

こういったホルモン分泌の問題と共に、自律神経、心理的な問題や筋骨格系の問題、経絡などが同時に絡み合って様々な症状に繋がります

 

どうやって改善していくの?

卵巣からエストロゲンが作られなくなることは変えようがありません。ですがこの加齢とともに起きる自然な過程を必ず苦しい症状と共に過ごさなければいけないというわけではなく、楽に経過する手立てが当院にはあります。それはフィシオエナジェティックやオステオパシーです。これらの自然療法を行うことで多くの方がとても楽になっている実績があります。

 

👇その他の女性特有の症状👇

PMS(月経前症候群)

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

 

この記事を読まれた方はこちらも読まれています