当院に来られる多くの方からよく耳にする言葉があります。それは

椎間板ヘルニア

そしてその多くの方が「椎間板ヘルニアだから痛みがあるのはしょうがない」と思われているようです。

はじめに

椎間板ヘルニアは上記画像のように、椎間板が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こすと考えられているものです。

ヘルニアの方は病院でこのような画像を見せてもらえるかもしれません。

矢印のところが、椎間板が飛び出して神経を圧迫している部分です。

腰痛の方が病院でこのような画像を見せられたら、痛みの原因としてとても説得力を感じることでしょう。ですが実は「ヘルニアが痛みの原因だとする診断は誤診である」という説があります。

ヘルニアが痛みの原因説は誤診?

例えば、福島県立医科大学医学部整形外科客員講師の片田医師は

腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄ではないのに、そう診断されている人は実に多いのです。私が実際に患者さんを治療した実感では、9割以上の腰痛の原因は別のところにあります。

~~~

椎間板ヘルニアと診断される時、「押しつぶされて変形した椎間板が外へ飛び出し、背中の神経を刺激しているから腰が痛いんです」と、画像を見せられ、説明されるのが一般的です。ところが、(レントゲンやMRIなどの)画像検査によって椎間板の異常が見つかった人のうち、本当に椎間板ヘルニアが原因の腰痛はわずか3%。残りの97%は「椎間板ヘルニアだから腰が痛い」のではありません。この97%の腰痛のほとんどが、「仙腸関節」という腰痛治療のカギを握る関節が、ねじれてひっかかり、動きが悪くなった状態にあるのです。これが腰痛の原因となって痛みやしびれを引き起こします。

そうおっしゃて、片田医師は治療で仙腸関節の調整を行っています。当院でも仙腸関節の調整は行いますし、仙腸関節の調整によってとても良い結果を得ることが出来るパターンも多いです。ですがまた痛みがぶり返す場合や、痛みが取れない場合などは、仙腸関節は原因の一部に過ぎないと言うことで、もっとホリスティックな視点からの治療が必要だと当院では考えています。

 

他にも加茂整形外科の加茂淳医師は

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因となることはありません。痛みやしびれは神経症状ではありません。神経がヘルニアや脊柱管狭窄などで圧迫を受けても痛みやしびれが出ることはありません。筋骨格系の痛みやしびれのほとんどは筋性疼痛(攣り、引っ張り、こわばり、凝り、痙攣、攣縮、スパズム)です。筋肉の微小損傷が始まりです。

そうおっしゃっています。加茂医師はトリガーポイント療法で治療されています。当院でもトリガーポイント療法は10年以上前から使い続けています。簡単に言うと筋筋膜に働きかけ、過剰な筋拘縮(コリ)を軽減する療法です。劇的な結果を得られることが多く、短時間で痛みが取れてしまうことが多々あります。ですがまた痛みがぶり返したり、痛みが取れない場合などは、筋筋膜の拘縮は原因の一部に過ぎないと言うことで、もっとホリスティックな視点からの治療が必要だと当院では考えています。

 

他にも「腰部椎間板ヘルニアが腰痛の原因ではない」というものの見方は挙げればきりがないほど沢山あります。

ヘルニアと診断された方も改善してます

当院に通われているヘルニアと診断された多くの方々が、奇跡でもなんでもなく、普通に改善されて行っています。治療はオステオパシーやフィシオエナジェティックやフェルデンクライスメソッドなどのホリスティックな療法です。

本当に椎間板が神経を押しているのが痛みの原因なら、こんなに多くの方が当院で改善されていくものでしょうか?

「この腰痛はヘルニアだからしょうがない」

もしこの、ヘルニアが原因の痛み、という認識が間違っていたなら、自分から呪いにかかりに行ってしまっているようなものです。

昔に一度ヘルニアと診断された方も、もう一度病院へ行くなりして検査してみるのもいいかもしれません。ここ数年で医師のヘルニアへの診断も随分変化したようです。

 

他の腰部の症状の施術例は👇

腰部脊柱管狭窄症

なぜだかわからないけどしんどい

重いものを持ってグキッ!

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています