はじめに

なんだかよくわからないけどいつも疲れている。

うつ傾向。

漠然とした疲労感。

そんな感覚がある方はアドレナルファティーク(副腎疲労)かもしれません。

 

アドレナルファティーグは1990年代に米国の医師であるジェームズ・L・ウイルソン博士によって提唱されたとても新しい考え方です。まだ医学の分野で認められた症候群ではありません。ですが臨床の現場ではとても重要な概念として広がりつつあります。

副腎って?

副腎は腎臓の上にちょこんと乗っかる内臓器官です。

images

副腎は「ストレスの線」ともいわれ、様々なストレスに対応するホルモンを分泌し、人間関係や病気や仕事など様々なストレスに体が対処できるように活躍します。

そのストレスとはあらゆるストレスの事。

例えば食品添加物や栄養不良、金銭的不安やネガティブ志向、板挟みのジレンマや同時にいくつもの事に気を配るストレスなどなど。

「そのストレスの一つ一つは小さくても、途切れることなく慢性的に続いている」

そんなストレスが副腎の疲労を招きやすいパターンです。

地震の揺れでビックリするような短時間での大きなストレスよりも、長く続く心配や栄養不良などのほうがよっぽど副腎への影響が大きいということです。

 

副腎疲労の段階

副腎の疲労段階は①→②→③の順で進んでいきます。

①少々ストレスがあるぐらいの方が元気っていうくらいバリバリストレスに対処して元気。(でも副腎は沢山働かされている)

②朝起きるのがしんどい、寝ても疲れが取れた気がしない。コーヒーなどカフェインを摂りたくなったり、塩分や甘いものが頻繁にほしくなる。運動すると疲労感が残る。 パニック・不安状態。

③バーンアウト。布団から起き上がれない。ウツ症状。かなりの慢性的疲労感。塩分・甘いものへの異常な枯渇感。

 

当院での施術

フィシオエナジェティク検査で根本原因を調べ、的確な施術を施します。

副腎が疲労する原因は多々ありますので様々な検査をします。

そしてよくある原因の1つに心理ストレスが挙げられます。

心理的ストレス

副腎は様々なストレスに対応し、心身が元気でいられるように働いています。それは心理ストレスも例外ではありません。

ずっと継続している心理的ストレスはありませんか?もしあるならば副腎は働きづめかもしれませんよ。

構造的問題の解決

他には構造的ストレスというものがあります。例えば姿勢を猫背にしすぎて副腎を圧迫してしまう姿勢になってしまっている場合などです。そういった場合は姿勢の改善や、直接内臓を取り囲む筋膜の筋膜リリースが必要になってくるかもしれません。

他の臓器との関係

他の臓器が関係しているかもしれません。視床下部や下垂体、肝臓などの機能低下のせいで副腎の働きが弱っている場合もあります。そういったことに関しては筋反射テストで検査して、副腎がうまく機能していない原因を探ります。結果によってはオステオパシーの頭蓋療法や内臓マニュピレーションを行います。

ハーブ療法や栄養療法

ハーブ療法では、インド伝統医学のアーユルヴェーダでもよく使われるアシュワガンダを使用したり、シベリア人参やロディオラやアストラガルス他色々なハーブの中でクライアントの体質に合ったものを選別します。栄養療法ではパントテン酸や各種ビタミン、亜鉛やマグネシウム等々の不足を検査し、足りないものを補います。

エネルギーワーク

エネルギーワークも大変重要です。自然治癒力がしっかりと働く身体はエネルギーバランスが取れている必要があります。

なんだかいつも疲れてないですか?

そういえば毎日疲れているような気がする・・・・そんな方は一度当院で調べてみるといいかもしれません。

 

他にも慢性的に疲れを感じる症状は👇

リーキーガット症候群

有害重金属の解毒

カンジダ菌

なぜだかわからないけど、しんどい

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています