当院では感情に働きかけるフラワーエッセンスを使用することがあります。そのフラワーエッセンスってどんなもの?

バッチ博士

フラワーエッセンスは今から約80年前に、細菌学者でホメオパシー医でもあるエドワードバッチ博士によって体系化されました。

バッチ博士は細菌学者としてのワクチンの開発によって世界的な名声と富を得ましたが、そのすべての収入を研究に費やしていました。それはより良い治療を見つけるためです。

そしてバッチ博士はすべての病気を癒す単純な方法を野に咲く花々の中に見出し、細菌学者としての世界的な名声と地位を捨て、バッチフラワーレメディの追求へと舵を切りました。その後、バッチ博士は治療は全て無料で引き受け、病める人々の治癒のお手伝いをされたそうです。

バッチ博士は研究を重ねるうち、様々な花を手に取ったり舌に触れたりするだけで、その花に秘められた性質の作用を感じ取れるようになりました。そして植物からエネルギーを取り出す方法を開発し、最終的に38種類のフラワーエッセンスが生まれました。

このようにして生まれたフラワーエッセンスですが、実はバッチ博士が体系化する前から似たようなものが存在していました。オーストラリアの原住民のアボリジニーが、太古から花についた夜露を治療薬として使用していたのです。どの国で行われていたか失念してしまいましたが、他の国でも古来からの治療法として花の夜露を使用していた民族があったということを耳にしたことがあります。花のエネルギーは時代や国を超えて利用されてきたのですね。

バッチフラワーレメディ

フラワーエッセンスにも数種類あるのですが、当院ではバッチフラワーレメディという38種類の花のエネルギーを使ったものを心理療法に使用します。

バッチフラワーレメディはマイナス感情に作用し、おだやかに心を変容させる力があります。

例えば38種類の花の1つインパチェンスはイライラしやすい人が、ゆったりとした心を取り戻すのを手助けします

↑インパチェンス

 

他にはロックローズは事故や暴力などの強いショックを受けた心に落ち着きを与えます。

↑ロックローズ

どうやって使うの?

フラワーエッセンスは飲み物です。一回につき4滴ほど口の中に含み、少し口の中でとどめてから飲み込みます。

フラワーエッセンスという名前から想像するのは、アロマオイルの精油のように香りがするものだと思われる方が多いのですが、フラワーエッセンスは花の香りはしません。ホメオパシーのようにエネルギーだけが入っています。ですのでどのような薬と併用しても害はありません。

どんな特徴があるの?

フラワーエッセンスを使用した感想は人によって様々です。短期間で劇的な変化を感じる方も多々おられますし、なんだかよくわからないなーという感じでなかなか実感がない方もおられます。どちらかと言えば実感が少ないパターンが多い療法だと思います。ですが、フラワーエッセンスは深いところからゆっくりと変容させる力があると言われます。

ちょっとスピリチュアルな表現をしますと、フラワーエッセンスが効果を発揮する領域は

肉体→エーテル体→アストラル体→メンタル体→コーザル体→高次エネルギー

というように幅広い領域に効果を発揮します。

当院では

当院でフラワーエッセンスが必要だと判断された場合は、今の状態に合ったレメディをキネシオロジーテストを使い選別いたします。

↑当院のバッチフラワーレメディ

 

フラワーエッセンス関連の記事👇

ホメオパシー

 

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています