薬や自然治癒で症状が一時的に治まっても、また何度も膣カンジダを繰り返す方がおられます。

そのような方は膣以外、例えば腸などに原因が潜んでいるかもしれません。

 

カンジダ真菌

カンジダ真菌は誰の身体にでもいる常在菌です。その常在菌が増えすぎた状態が膣カンジダ症です。ですので膣カンジダ症というのはいわゆる性病とも違っています。

 

例えば風邪のウィルスはどこにでもおり日々体の中に入ってきていますが、私たちは毎日風邪をひいているわけではありません。健康な状態ならなかなか風邪をひかないものです。

ですが免疫力が弱って身体の中でウィルスが増えすぎると、風邪をひいてしまうわけです。

膣カンジダも同じように、身体が良い状態に保たれていればカンジダ菌が増えすぎることもないはずです。ましてや毎日風邪をひきっぱなしのように、ずっと膣カンジダが続いていたり繰り返したりしているのは、何か改善するべき事柄が潜んでいると考えられます。

そしてカンジダ菌が増えすぎる原因は多岐に渡りますが、その一つが腸内カンジダです。

 

腸内に巣くうカンジダ真菌

膣カンジダの治療の為に膣内の除菌をすることは多いと思いますが、腸内環境が大事な事をご存知ですか?

人の身体は「膣内で起きている事は膣内で、腸内で起きている事は腸内で」と独立して事が起きているわけではありません。菌は全身くまなく影響しあっています。

そして身体の中で一番菌の住処になっているのが「腸」です。

腸の中にもカンジダ菌は住んでおり、体調によっては腸内でカンジダ菌が増えすぎている状態かもしれません。そうするとその影響は膣に及び、一時的に膣内のカンジダが減少しても腸内で増えすぎたカンジダ菌がまた膣内へと移動し、膣カンジダを再発することになりかねません。

カンジダ菌による症状

膣カンジダになるとあらわれる症状は

  • 膣・外陰部のかゆみ
  • 性交痛
  • 白いおりもの

等がありますが、腸内やその他にカンジダ菌が増えると様々な症状があらわれることがあります。

  • 慢性疲労、全身倦怠感
  • アレルギー、アトピー、花粉症
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 下痢や便秘
  • ウツ症状
  • 頭にもやがかかったような感じ
  • 甘いものがほしくなる

このようなものがあります。

再発する膣カンジダと共に、上記のような症状はありませんか?

 

腸内カンジダはリーキーガットシンドロームの原因に

カンジダ菌は腸壁に菌糸を伸ばし、腸壁に穴をあけていきます。そうするとリーキーガットシンドロームになってしまうかもしれません。

リーキーガットシンドロームについて詳しくは→リーキーガット症候群

リーキーガットシンドロームになるとまた様々な全身症状を引き起こす原因になります。

 

当院では

膣カンジダ改善の為に当院に来られる方の多くは、病院で治療しても結局何度も膣カンジダを再発してしまい困っているという方々です。

その方々の多くは膣カンジダだけではなく他にも慢性的な疲労感や睡眠障害、食後の異常なだるさやアレルギー症状などを持つ場合が多く見受けられます。

そういった方に対して腸内のカンジダを減らしていったり、全身の免疫力を上げていく類の施術を行うことによって、膣カンジダが改善されると同時に慢性疲労がなくなっていったり、アレルギーが治っていったりと全身に良い影響が出ている事を実感される場合が多々あります。

 

つい先日も膣カンジダと共に首や背中や顔にブツブツが出来て困っている。慢性的な疲労感もある。という方が膣カンジダが改善されるとともにブツブツや疲労感も同時になくなり、すっかり良くなったとの報告を受けました。

 

膣カンジダも腸内環境の改善が重要ですね。

 

👇カンジダ関連の他の記事👇

カンジダ菌

カンジダ菌の駆除によるダイオフ症状

リーキーガット症候群

腸内細菌

 

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

 

この記事を読まれた方はこちらも読まれています