はじめに

施術後に

「呼吸が楽になった」

と言われる方は沢山おられます。

先日のクライアントは施術後に

「いままで息していなかったんじゃないか、と思うぐらい今ものすごく呼吸が楽でたくさん入ります。自分の呼吸が浅かったなんて知りませんでした」

このようにおっしゃっていました。

 

「あなたの呼吸は浅くなっていませんか?」

そう言われてもピンと来る方は少ないと思います。そもそも明確な基準がありません。でも呼吸が「浅い時」「深い時」というのは確かにあるものです。

時々によって変化する呼吸

外的環境、内的環境によって、呼吸は変わります。その時々によって変わる「呼吸の深さ、楽さ」それを感じ取れますか?

 

 

でもとてもしんどい状態の方は「よくわからない」か「息苦しさ」ばかり感じるかもしれません。そんな時は、数ある呼吸筋の拘縮をリリースし、呼吸によって楽に肋骨が広がることが出来るように短くなった筋膜をリリース・・・・そうすれば今よりも楽に大きく呼吸ができるようになるでしょう。

このようにして「ゆるめる」「開放する」「リリースする」ことはとても役に立ちます。これで十分な成果が出ることもあるでしょう。当店でも呼吸の解放のためのリリースをよく行います。

呼吸が浅い方のパターン

  • 例えば、前面の肋骨の動きが大きく、しっかりと呼吸が出入りしているように見える方でも、背中側が全く使えていない場合が多々あります。
  • 肋骨が下がったまま上がりにくくなっていて胸が垂れたような猫背型の方や、反対に胸を張って引き上げたままの状態で浅い息をしている方もたくさんおられます。
  • 胸を張って息がたくさん入っているように見える方の場合は、息をしっかり吐くことが出来ず呼吸が浅くなってしまっている場合が多々あります。

このように呼吸が浅い原因が姿勢・筋肉・骨格の問題のようにとれるケースでも、その奥にまだまだ色々な原因が潜んでいます。

その奥にある原因を探す

具体的に言いますと

  • 腸内でガスが多く発生して内臓を圧迫している
  • 頸椎の横隔膜への神経の障害
  • 心理的問題からの筋緊張
  • 他いろいろ・・・

など色々と理由が考えられます。そして上記の理由もまた、なぜそうなっているのか?を探る必要があるかもしれません。例えば「頸椎の横隔膜への神経の障害」の場合、なぜそうなっているのかを探ります。

  • 脳が体の位置を捉える感覚がずれている
  • 小脳、前庭、目の問題
  • 靭帯など構造的問題
  • 使い方の癖
  • 姿勢への間違った知識が邪魔をしている
  • 他色々と・・・

上記のように原因を探りますが、またこれらもなぜそうなっているのか原因を探ります。このようにしてこの先何段階も原因追及を深めていきます。

このようなやり方ですので「呼吸が浅い方にはこの療法」的なお決まりの型をこの場で言うことはできませんが、今まで当店で多くの方の「呼吸が楽になった」という声を聞いてきました。

なんだか息苦しいなー、なにかわからないけど毎日しんどいなーと思っておられる方は呼吸が浅くなっているかもしれません。

 

なんだかわからないけどしんどい方へのおすすめは👇

なぜだかわからないけどしんどい

副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)

カンジダ菌

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています