あけましておめでとうございます。

昨年1年間もまた学びの多い濃厚な1年でした。やりがいのある仕事に全力で取り組んでいける環境に、健康な心身があることに、心から感謝したいと思います。

さて今日は「そまと」という当院の屋号についてです。

時々質問される「そまとってどういう意味があるんですか?」にお答えします。

「そまと」という屋号には、とりたてて言うほど大した意味があるわけではないのですが、、、、まあ一応、意味がないこともないのでお暇な方だけ読んでいただけたらと。。。。

「そまと」は「soma  and」

そまとは「そま」と「と」が合わさって出来ています。「そま」は「soma」のことで「と」は「and」という意味です。ですので「そまと」は「soma and」ということになります。

somaは身体

somaとは古代ギリシャ語で「身体」の事です。ということで「soma and」は「身体 and」なので「身体と」ということです。

身体と

一般的に病院や治療院での治療や施術はもちろん身体に対して行うものが多数です。外科手術はもちろん、精神科の薬なども基本的に身体に働きかけています。

ですが「そまと」の考え方は「身体に対して働きかける」だけではなく「身体を通して全体に働きかける」という考え方を持っています。全体とは身体全身という事だけではありません。身体、こころ、精神を含んだ人間全体です。

我々は身体であると言えば良いのでしょうか。我々は身体と共にあると言えば良いのでしょうか。いづれにせよ物質世界で生きている以上は身体を持ち続けているわけです。私達から切り離すことが出来ない大事な身体への施術、身体を通した施術によってその人全体へと働きかけるという思いを込めて「身体と=そまと」と名付けました。

ついでなので当院のロゴについても、、、、

当院の看板です。

私が作ったのですが、何てことのない、ありきたりなデザインですね。

卵型の木枠の中に「S」の文字が見えると思います。この「S」は「SOMATO」の頭文字なのですが、「S」の中に「i」の文字の様なものが見えると思います。この「i」にはいくつかの意味があるのですが、その一つが

一滴の水をポチョンと落としているイメージ

です。これは当院の施術の力をあらわしています。当院の施術は一滴の水のようなもの。しかし一滴の水では病変をやっつけることはできません。病変をやっつけるには大きな力が必要なのです。圧したり引いたり、切ったり貼ったりと、、、。

大きな力で病変をやっつけるのも、それがうまくいくのならそれも手です。ですが私達が健康に生きるための真の力は、私たち自身の中から湧き上がる力(自然治癒力)です。自然治癒力を目覚めさせるには、できるだけ最小の刺激を適所に適した方法で与えることが最善だと考えています。

当院で行う施術が自然治癒力を目覚めさせる一滴の水になるように。そんな思いが込められています。

 

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅と平城駅から徒歩6分。ならファミリーまで歩いて2分の自然療法院。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています

この記事を読まれた方はこちらも読まれています