「ためしてガッテン」や「世界一受けたい授業」などに取り上げられる今注目の療法。筋膜リリースは筋膜の拘縮をほぐすテクニックです。(筋膜リリース=筋膜を開放する)ということです。

筋膜とは「鶏肉に付いている透明の膜」あれが筋膜です。

fascial

筋膜は臓器や筋肉を取り囲み、体中いたるところに分布しています。もし浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋周膜、筋内膜を残して、ほかの人体組織をすべて溶かしても、人の身体の形が残るといわれているほどです。

そしてその筋膜は「第2の骨格」とも言われています。体中に張り巡らされた筋膜が各組織を分け、支え、体の形をかたどっているからです。「第2の骨格」と言われるだけあって、姿勢バランスへの影響はとても大きなものです。

姿勢・バランスの崩れは慢性的な痛みや不快感の原因になります。バランスが崩れた身体は、休むことなく重力の負担を受け続けることになるからです。動きにも影響が出るでしょう。しかし、病院の検査では一般的に筋膜の拘縮を検査しません。数々の検査をしても筋膜の拘縮は見逃されてしまうのです。

当院ではこの重要だが見逃されがちな組織である筋膜を、必要に応じて解放テクニックを施します。

 

他の筋膜リリース関連の記事は👇

トリガーポイント療法

枕が自分に合わない、自分が枕に合わない

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

この記事を読まれた方はこちらも読まれています