体内に発生する活性酸素が様々な健康被害・老化につながる事は、最近になってよく知られるようになりました。酸化作用によって細胞を破壊し、老化を早めるこの活性酸素が現代の生活では過剰に増える環境にあると言います。 では活性酸素が原因でどのような症状が起きるのでしょうか?

活性酸素が原因で起きる症状

倦怠感・疲労感・免疫力低下・動脈硬化・コリやしびれ・貧血・眼精疲労・男性の不妊・ガン・老化

どのような理由で活性酸素が増えるのか

ストレス、睡眠不足、紫外線、激しいスポーツ、大気汚染、食品添加物、塩素、有害な重金属、電磁波、農薬など

ではどのようにすれば活性酸素を減らすことができるのか

抗酸化物質であるビタミンや、体内で酵素を作る助けになるミネラルなどを十分に摂ることが求められますが、現代人の食生活ではこれらが不足しがちです。

 

他にも様々な症状を産む原因が、近頃見つかりつつあります👇

重金属の解毒

副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)

カンジダ菌

 

「そまと」は奈良市の大和西大寺駅すぐの整体院。ならファミリーまで歩いて1分。

東洋・西洋・世界各国の療法を織り交ぜたホリスティック療法で、原因不明の症状やなかなか良くならない慢性症状を改善へと導いています。

 

この記事を読まれた方はこちらも読まれています